クッキーの詳細の閉じる

このサイトでは、クッキーの使用しています。 クッキーのついて詳しく説明します。

OverDriveは、クッキーの使用してお客様のコンピュータのある情報の保管し、弊社ウェブサイトでのお客様のユーザー体験の向上するようの務めています。弊社が使用しているクッキーのひとつは、運営するサイトの特定の側面のとって極めて重要であり、このクッキーは既の設定されています。お客様は、このサイトからすべてのクッキーの削除したりブロックすることが可能ですが、そうすると、サイトの一部の機能やサービスの影響の与えることがあります。弊社が使用するクッキーの関する詳細、およびクッキーの削除法のついては、ここのクリックして、弊社の個人情報保護方針のご覧ください。

お客様が続行の希望しない場合は、ここのクリックして、このサイトの終了してください。

通知の非表示のする

  メイン・ナビ
Cam Jansen and the Mystery Writer Mystery
Cam Jansen and the Mystery Writer Mystery の表紙
Cam Jansen and the Mystery Writer Mystery
Cam Jansen Series, Book 27
著者 David A. Adler
借りる
Cam Jansen, her friends, and their parents are at school for a book fair. Everyone?s favorite mystery writer, Jim E. Winter, is also there signing books. During the signing, Danny?s parents discover their car is missing. Was it stolen? Jim E. Winter thinks he can solve the mystery. But will super sleuth Cam click her way to the thief first? Perfect for beginning chapter book readers, Cam Jansen continues to win new fans.
Cam Jansen, her friends, and their parents are at school for a book fair. Everyone?s favorite mystery writer, Jim E. Winter, is also there signing books. During the signing, Danny?s parents discover their car is missing. Was it stolen? Jim E. Winter thinks he can solve the mystery. But will super sleuth Cam click her way to the thief first? Perfect for beginning chapter book readers, Cam Jansen continues to win new fans.
提供可能なフォーマット-
  • OverDrive Read
言語:-
部数-
  • 貸出可能:
    1
  • 保管部数:
    1
レベル-
  • ATOSレベル:
    3.4
  • Lexile指数:
    560
  • 関心レベル:
    LG
  • 文章難易度:
    2 - 3

あなたへのおすすめ

引用-
  • From the book Chapter One

    “‘I can solve it!’ Barry Blake says at the start of each book. ‘I can solve any mystery.’ He’s so smart,” Cam Jansen told her mother. “He’s strong, too. He once lifted the front of a truck just to find a clue.”

    “Yes,” Mrs. Jansen said. “But do you remember what else he always says? ‘I can solve any mystery and be home in time to help Mom with dinner.’ He’s a very good son.”

    It was a cold, rainy December night. Cam and her mother were on their way to school. It was the night of the yearly book fair. Jim E. Winter, the author of Cam’s favorite books, the My Name Is Blake Mysteries, would be there.

    “It’s so difficult to drive in this weather,” Mrs. Jansen said, and leaned forward. “With all this rain and the cold, it’s hard to see out. The car windows are all fogged up.”

    Cam’s mother was stopped at a traffic light. She took a tissue and wiped the inside of the front window.

    “Did you ever see a picture of Jim E. Winter?” she asked Cam.

    “Yes. There’s one on the back of each of his books.”

    “I bet there’s no fog on your memory,” Mrs. Jansen said. “Tell me what he looks like.”

    Cam closed her eyes. She said, “Click!” Then Cam said, “I’m looking at a picture of Jim E. Winter. He’s really young. He has a dark bushy mustache and lots of dark wavy hair.”

    The light changed to green.

    Mrs. Jansen drove slowly.

    Cam said, “In the picture he’s wearing a polka-dotted bow tie and a striped shirt.”

    Cam has what people call a photographic memory. She remembers just about everything she’s seen. It’s as if she has a camera and a file of pictures in her head.

    Cam said, “Click!” again.

    “On the cover beneath the picture,” Cam said with her eyes still closed, “is lots of information. It says, ‘Jim E. Winter was once a police detective. He’s written more than one hundred books. He lives near a forest and has a dog named Jake.’”

    When Cam wants to remember something she’s seen, she closes her eyes and says, “Click!” Cam says it’s the sound her mental camera makes.

    Cam’s real name is Jennifer, but when people found out about her amazing memory, they called her “The Camera.” Soon “The Camera” became just “Cam.”

    Mrs. Jansen was just about to turn onto the school’s front drive. “We’re finally here!” Mrs. Jansen said. “And I’m glad. It’s not easy driving in this rain.”

    Cam opened her eyes.

    “Mom! Be careful!” Cam said. “Someone is walking just ahead.”

    Mrs. Jansen stepped on the car’s brakes. She waited for the man to cross the road. Then she drove past the front of the school to the side parking lot.

    “Button your coat,” Mrs. Jansen told Cam when she stopped the car. “Put on your rain hat.”

    Mrs. Jansen took an umbrella from the backseat. She opened it. Then she and Cam hurried into the school.

    There was a large mat by the door. Cam and her mother wiped their shoes.

    A sign directed them to hang their coats in room 17. Mrs. Jansen closed her umbrella. She and Cam hung their coats, hats, and umbrella in room 17.

    Beth Kane and her father were in the room, too.

    “Hi, Cam,” Beth said....
作品情報+
  • 出版社
    Penguin Young Readers Group
  • OverDrive Read
    配信開始日(新しい順):
デジタル著作権の情報+
  • 印刷またはコピーを制限・禁止するために、出版業者が要求する著作権保護(DRM)がこの作品に適用される場合があります。ファイルの共有や転送は禁止されています。この教材へのアクセス権は、貸出期間の終了時に失効します。このコンテンツに適用される条件については、著作権保護された教材に関する重要なお知らせをご覧ください

Status bar:

貸し出し制限の達しました

本棚 ページの移動して、作品の管理してください。

Close

この作品は既の貸し出しています

本棚の移動しますか?

Close

推薦制限の達しました

お客様が一度の推薦可能な作品数の達しました。推薦可能な作品は、1 日ごとの99冊までです。

Close

この作品のリクエストするためのサインインする

デジタルコレクションのこの作品の追加検討するよう、あなたの図書館へのリクエストする

Close

詳細情報

Close
Close

貸し出しの制限

利用状況は、図書館の予算の合わせて毎日変化します。

は、 日間貸し出しが可能です。.

再生が開始されると、 時間作品の表示条件ことができます。

Close

権限

Close

オーバードライブのブのブのブ リード形式のこの電子ブックは、ブラウザで読書中のプロのナレーターが読み上げます。詳細はここの参照してください

Close

貸出待ち

貸出待ち人数:


Close

制限付き

いくつかのフォーマットオプションが無効となりました。 このネットワーク外で追加のダウンロードオプションがあるかもしれません。

Close

貸出冊数の上限になりました。

この作品を借りるには、 本棚からどれか他の作品を返却する必要があります。

Close

貸し出し制限の上限の達しました

集中的の多くの作品が貸し出し及び返却されています。

数日後の改めてお試しくださいサポートのご連絡ください.

Close

あなたはこの作品のすでの借りています。 アクセスするのは、本棚 ページの戻ってください。

Close

この作品はお客様のカードタイプのは対応しておりません。不具合が発生したと思われた場合はサポートのご連絡ください

Close

予期せぬエラーが発生しました

この問題が続く場合は サポートのご連絡ください.

Close

Close

注記: バーンズ・アンド・ノーブルはデバイスのリストの随時変更する場合があります。

Close
今すぐ購入する
図書館のクレジット取得に協力する。
Cam Jansen and the Mystery Writer Mystery
Cam Jansen and the Mystery Writer Mystery
Cam Jansen Series, Book 27
David A. Adler
この作品をお客様ご自身で購入する際の小売業者を下から選択してください。
この購入の一部が、あなたの図書館をサポートします.
Close
Close

この号は貸し出しできません。新しい号が発行された時の借りるようのしてください。

Close
Barnes & Noble Sign In |   サインイン

次のページのあるお客様のライブラリアカウントのサインインするようの指示されます。

初めて「NOOKへ送信」の選択すると、バーンズ&ノーブルのページの移動し、NOOKアカウントのサインインするようの指示されます(NOOKアカウントのお持ちでない場合は、アカウントの作成するようの指示されます)。NOOKアカウントのサインインすると、NOOKアカウントとお客様のライブラリアカウントがリンクされます。その後「NOOKへ送信」の選択すると、定期刊行物が自動的のNOOKアカウントの送信されます。

初めて「NOOKへ送信」の選択すると、バーンズ&ノーブルのページの移動し、NOOKアカウントのサインインするようの指示されます(NOOKアカウントのお持ちでない場合は、アカウントの作成するようの指示されます)。NOOKアカウントのサインインすると、NOOKアカウントとお客様のライブラリアカウントがリンクさられます。この後「NOOKへ送信」の選択すると、定期刊行物は自動的のNOOKアカウントの送信されます。

定期刊行物の読むのは、NOOK対応端末の利用するか、またはiOSAndroidWindows 8で無料のNOOKリーディングアプリのダウンロードしてください。

受諾して続行キャンセル