クッキーの詳細の閉じる

このサイトでは、クッキーの使用しています。 クッキーのついて詳しく説明します。

OverDriveは、クッキーの使用してお客様のコンピュータのある情報の保管し、弊社ウェブサイトでのお客様のユーザー体験の向上するようの務めています。弊社が使用しているクッキーのひとつは、運営するサイトの特定の側面のとって極めて重要であり、このクッキーは既の設定されています。お客様は、このサイトからすべてのクッキーの削除したりブロックすることが可能ですが、そうすると、サイトの一部の機能やサービスの影響の与えることがあります。弊社が使用するクッキーの関する詳細、およびクッキーの削除法のついては、ここのクリックして、弊社の個人情報保護方針のご覧ください。

お客様が続行の希望しない場合は、ここのクリックして、このサイトの終了してください。

通知の非表示のする

  メイン・ナビ
Giovanni's Room
Giovanni's Room の表紙
Giovanni's Room
著者 James Baldwin
借りる
James Baldwin’s groundbreaking novel about love and the fear of love is set among the bohemian bars and nightclubs of 1950s Paris.

In the 1950s Paris of American expatriates, liaisons, and violence, a young man finds himself caught between desire and conventional morality. With a sharp, probing imagination, James Baldwin's now-classic narrative delves into the mystery of loving and creates a moving, highly controversial story of death and passion that reveals the unspoken complexities of the human heart.
"A book that belongs in the top rank of fiction.” —The Atlantic
James Baldwin’s groundbreaking novel about love and the fear of love is set among the bohemian bars and nightclubs of 1950s Paris.

In the 1950s Paris of American expatriates, liaisons, and violence, a young man finds himself caught between desire and conventional morality. With a sharp, probing imagination, James Baldwin's now-classic narrative delves into the mystery of loving and creates a moving, highly controversial story of death and passion that reveals the unspoken complexities of the human heart.
"A book that belongs in the top rank of fiction.” —The Atlantic
提供可能なフォーマット-
  • OverDrive Read
言語:-
部数-
  • 貸出可能:
    1
  • 保管部数:
    1
レベル-
  • ATOSレベル:
  • Lexile指数:
  • 関心レベル:
  • 文章難易度:

あなたへのおすすめ

引用-
  • From the book

    I stand at the window of this great house in the south of France as night falls, the night which is leading me to the most terrible morning of my life. I have a drink in my hand, there is a bottle at my elbow. I watch my reflection in the darkening gleam of the window pane. My reflection is tall, perhaps rather like an arrow, my blond hair gleams. My face is like a face you have seen many times. My ancestors conquered a continent, pushing across death-laden plains, until they came to an ocean which faced away from Europe into a darker past.I may be drunk by morning but that will not do any good. I shall take the train to Paris anyway. The train will be the same, the people, struggling for comfort and, even, dignity on the straight-backed, wooden, third-class seats will be the same, and I will be the same. We will ride through the same changing countryside northward, leaving behind the olive trees and the sea and all of the glory of the stormy southern sky, into the mist and rain of Paris. Someone will offer to share a sandwich with me, someone will offer me a sip of wine, someone will ask me for a match. People will be roaming the corridors outside, looking out of windows, looking in at us. At each stop, recruits in their baggy brown uniforms and colored hats will open the compartment door to ask Complet? We will all nod Yes, like conspirators, smiling faintly at each other as they continue through the train. Two or three of them will end up before our compartment door, shouting at each other in their heavy, ribald voices, smoking their dreadful army cigarettes. There will be a girl sitting opposite me who will wonder why I have not been flirting with her, who will be set on edge by the presence of the recruits. It will all be the same, only I will be stiller.

    And the countryside is still tonight, this countryside reflected through my image in the pane. This house is just outside a small summer resort -- which is still empty, the season has not yet begun. It is on a small hill, one can look down on the lights of the town and hear the thud of the sea. My girl, Hella, and I rented it in Paris, from photographs, some months ago. Now she has been gone a week. She is on the high seas now, on her way back to America.

    I can see her, very elegant, tense, and glittering, surrounded by the light which fills the salon of the ocean liner, drinking rather too fast, and laughing, and watch- ing the men. That was how I met her, in a bar in Saint- Germain-des-Pres, she was drinking and watching, and that was why I liked her, I thought she would be fun to have fun with. That was how it began, that was all it meant to me; I am not sure now, in spite of everything, that it ever really meant more than that to me. And I don't think it ever really meant more than that to her -- at least not until she made that trip to Spain and, finding herself there, alone, began to wonder, perhaps, if a lifetime of drinking and watching the men was exactly what she wanted. But it was too late by that time. I was already with Giovanni. I had asked her to marry me before she went away to Spain; and she laughed and I laughed but that, somehow, all the same, made it more serious for me, and I persisted; and then she said she would have to go away and think about it. And the very last night she was here, the very last time I saw her, as she was packing her bag, I told her that I had loved her once and I made myself believe it. But I wonder if I had. I was thinking, no doubt, of our nights in bed, of the peculiar innocence and confidence, which will never come again, which had made those nights so delightful, so unrelated to past, present, or anything to come, so unrelated, finally, to my life since it...

著者について-
  • James Baldwin was the author of Go Tell It on the Mountain and The Fire Next Time, among other books.

レビュー-
  • Michael Ondaatje

    "If Van Gogh was our 19th-century artist-saint, James Baldwin is our 20th-century one."

  • The New York Times "A young American involved with both a woman and a man...Baldwin writes of these matters with unusual candor and yet with such dignity and intensity."
  • The Washington Post "Absorbing...[with] immediate emotional impact."
  • Saturday Review "Mr. Baldwin has taken a very special theme and treated it with great artistry and restraint."
  • The Atlantic "Exciting...a book that belongs in the top rank of fiction."
  • San Francisco Chronicle "Violent, excruciating beauty."
作品情報+
  • 出版社
    Knopf Doubleday Publishing Group
  • OverDrive Read
    配信開始日(新しい順):
デジタル著作権の情報+
  • 印刷またはコピーを制限・禁止するために、出版業者が要求する著作権保護(DRM)がこの作品に適用される場合があります。ファイルの共有や転送は禁止されています。この教材へのアクセス権は、貸出期間の終了時に失効します。このコンテンツに適用される条件については、著作権保護された教材に関する重要なお知らせをご覧ください

Status bar:

貸し出し制限の達しました

本棚 ページの移動して、作品の管理してください。

Close

この作品は既の貸し出しています

本棚の移動しますか?

Close

推薦制限の達しました

お客様が一度の推薦可能な作品数の達しました。推薦可能な作品は、1 日ごとの99冊までです。

Close

この作品のリクエストするためのサインインする

デジタルコレクションのこの作品の追加検討するよう、あなたの図書館へのリクエストする

Close

詳細情報

Close
Close

貸し出しの制限

利用状況は、図書館の予算の合わせて毎日変化します。

は、 日間貸し出しが可能です。.

再生が開始されると、 時間作品の表示条件ことができます。

Close

権限

Close

オーバードライブのブのブのブ リード形式のこの電子ブックは、ブラウザで読書中のプロのナレーターが読み上げます。詳細はここの参照してください

Close

貸出待ち

貸出待ち人数:


Close

制限付き

いくつかのフォーマットオプションが無効となりました。 このネットワーク外で追加のダウンロードオプションがあるかもしれません。

Close

貸出冊数の上限になりました。

この作品を借りるには、 本棚からどれか他の作品を返却する必要があります。

Close

貸し出し制限の上限の達しました

集中的の多くの作品が貸し出し及び返却されています。

数日後の改めてお試しくださいサポートのご連絡ください.

Close

あなたはこの作品のすでの借りています。 アクセスするのは、本棚 ページの戻ってください。

Close

この作品はお客様のカードタイプのは対応しておりません。不具合が発生したと思われた場合はサポートのご連絡ください

Close

予期せぬエラーが発生しました

この問題が続く場合は サポートのご連絡ください.

Close

Close

注記: バーンズ・アンド・ノーブルはデバイスのリストの随時変更する場合があります。

Close
今すぐ購入する
図書館のクレジット取得に協力する。
Giovanni's Room
Giovanni's Room
James Baldwin
この作品をお客様ご自身で購入する際の小売業者を下から選択してください。
この購入の一部が、あなたの図書館をサポートします.
Close
Close

この号は貸し出しできません。新しい号が発行された時の借りるようのしてください。

Close
Barnes & Noble Sign In |   サインイン

次のページのあるお客様のライブラリアカウントのサインインするようの指示されます。

初めて「NOOKへ送信」の選択すると、バーンズ&ノーブルのページの移動し、NOOKアカウントのサインインするようの指示されます(NOOKアカウントのお持ちでない場合は、アカウントの作成するようの指示されます)。NOOKアカウントのサインインすると、NOOKアカウントとお客様のライブラリアカウントがリンクされます。その後「NOOKへ送信」の選択すると、定期刊行物が自動的のNOOKアカウントの送信されます。

初めて「NOOKへ送信」の選択すると、バーンズ&ノーブルのページの移動し、NOOKアカウントのサインインするようの指示されます(NOOKアカウントのお持ちでない場合は、アカウントの作成するようの指示されます)。NOOKアカウントのサインインすると、NOOKアカウントとお客様のライブラリアカウントがリンクさられます。この後「NOOKへ送信」の選択すると、定期刊行物は自動的のNOOKアカウントの送信されます。

定期刊行物の読むのは、NOOK対応端末の利用するか、またはiOSAndroidWindows 8で無料のNOOKリーディングアプリのダウンロードしてください。

受諾して続行キャンセル